みなさん、謹賀新年 明けましておめでとうございます。

ご挨拶遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

みなさん今年の抱負はいかがなものでしょうか?

健康、出会い、仕事などなど

イノシシにならって猪突猛進でしょうか

何にせよ、無理をせずお過ごしくださいね

休まないことをホメてもらえた時代は終わっていますから

さて今回はお正月(少し過ぎてしまいましたが)という事で

干支のお話

大昔の話。

神様が

「一月一日の朝、私のところへ来たものを一番から十二番目まで1年交代で動物の大将にしてやろう」

という手紙を書きました。

その手紙を受け取った動物たちの中で、牛は自分の足の遅さを知っていたので、前日の夕方から出発しました。

早々から出発する牛を見たネズミは、こっそり牛の背中に飛び乗ります。

そして早朝、多くの動物が我先にと競争する中

犬と猿は

『君と僕で仲良くゴールしようね!』

と並んで走っていたのですが、そのうち必死になってしまい、とうとうケンカを始めました。

ここで犬猿の仲が始まり、そのケンカを見ていた鳥が仲裁に入ります。

いよいよ新年の朝、神様を目前に牛の背に乗っていたネズミが、「神さま、新年おめでとうございます」と、

牛の背中から飛び下り、ネズミが干支の一番になりました。

牛は「モゥ」と悔しがったとか何だとか

続いて虎が到着し、そして兎、龍、蛇、馬、羊と続き

犬と猿は鳥の仲裁が入ったままゴールし、猿、鳥、犬

最後に猪の順番となりました。

干支にいそうなのにいない猫は「神様への挨拶は一月二日の朝だ」とネズミから聞いていたので、出発せず

結果、干支の仲間に入れませんでした。

これに怒った猫は、この恨みを忘れず以降ネズミを追いかけまわしはじめたとさ。

総じて言えるのは

『ネズミが酷い』という事ですねw

おしまい