みなさんこんにちは

唐突なお話ですが、夫婦について

現代では昔ほど結婚後の生活で権力を持つような『かあちゃん気質』の女性が

減って、おしとやかな女性が増えてきたイメージがあるのですが、

いわゆる「かかあ天下」であるほうが家庭円満なのかなぁと個人的には思えます。

そして「かかあ天下」の女性は、多少のことでは動じず、ドンっと構え意思の強く

何事もポジティブにとらえる方が多いのではないでしょうか

そんな「かかあ天下」な女性のお話

 

1993年アメリカ合衆国大統領に就任したビル・クリントン

そしてその妻、ファーストレディであったヒラリー

この二人が当時、アメリカ合衆国の片田舎をドライブしていた時。

ドライブの途中、ガソリンスタンドに立ち寄ると、

ガソリンスタンドの店主は偶然にもヒラリーが高校生のころにつきあっていた元カレであった。

思わず声をあげ懐かしい再会に喜ぶ二人。

ヒラリーは、元カレをビル・クリントンに紹介した。

若かりし頃の懐かしい話を終えガソリンを入れ、別れる二人。

再開したドライブ中にビル・クリントンがヒラリーにこう言った。

「僕と結婚して良かったね、今君はファーストレディだけど、

あの彼と結婚してたら、片田舎のガソリンスタンドのおかみさんだ」

ヒラリーはさっとビルに答えた。

「ふふ、彼と結婚してたら、彼が今の大統領よ」

 

かっこいい・・・