みなさんこんにちは

もうすぐ6月という事で、梅雨の季節になりますね

恵の雨とも言いますが、多くの人は

『ジメジメ、蒸し蒸しする』『外出が出来なくなる』『洗濯ものが干せない』等など

明日は『雨』だよ。と聞いたら良いイメージが沸かない事の方が多いかもしれません。

そんな雨でも、この映画を観てから出かければ『多分』楽しくなると思いますよ

 

『雨に唄えば』1952年公開

コメディとユーモアそして愛があふれるミュージカル映画の傑作として知られる

今もなお、色あせない名作です。

サイレント映画からトーキー映画(音声付き映画)へと変動する時代を背景に描かれた

歌と踊り満載のミュージカル映画。

正直、ストーリーは何の変哲もないモノで (笑)

爆笑とか悲しみとか、大恋愛、アクション、まさかのどんでん返しもありません。

でも観れちゃう

何度でも観れちゃう!

主人公ドン役のジーン・ケリーは、とにかく爽やかなハンサムだし

女優キャシー役のデビー・レイノルズも可愛い。クラシックな映画らしく衣装も素敵です。

主人公の親友コズモ役、ドナルド・オコナーはひょうきんなキャラ役ですが個人的に3人の中でダンス

は断トツです!

そして、美人・長身・歌上手い(多分)・ダンス上手い

個人的にミュージカル映画中、最高の女優シド・チャリシーがダンサー役として

ちょい出演しているんですがオーラが違いすぎます・・・

映画史に残る名シーンとして、ジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で踊るシーンは、

見てるだけでニヤニヤしちゃいます。『自分もこんな気持ちで雨の中はしゃぎたいなぁ!』と

雨が降るたびに思います。

陽気で明るく、そしてお洒落な映画。

6月は『雨を唄えば』を観て雨の季節を楽しんでみませんか?