最近、家族同士でのケンカが多く

いい歳したもの同士が昔のことを『あーでもない、こーでもない』と不毛の戦いが続いています。

まあ、人は年齢・性別・家族・友人・他人・国を問わず、ぶつかり合うものです。

現実に起きてしまった事は変える事が出来ません。何を許そうとも、過去が変わるわけではないですね

しかし過去にとらわれ悩み苦しみ続ける事で何か得るものがあるのでしょうか・・・

 

そこでオランダ植物学者 ポール・バーザの言葉!

“Forgiveness does not change the past, but it does enlarge the future.”

許しても過去は変わらない。しかし、許せば未来は確実に広がる。

 

許すことができれば、過去という鎖から開放され自由になれば、自分も変わる事ができる。

理解し合い、互いが幸せになれる事は先の未来が広がることである。

なんかわりと当たり前のように聞こえるんですけどね

好きです。みなさんはいかがでしょうか?